雨に怯むな!バイクが違えばバッグも違う。車種別の防水バッグおすすめ9選。

バイク乗りたるもの、防水バッグは必需アイテムである。

バイクに乗っている人のテンションを下げるモノ。それは雨。

梅雨、秋雨といった天気が予測しにくい雨季、夏場のわか雨や通り雨、そいてゲリラ豪雨といった突発的に発生する雨。いくら天気予報を入念にチェックしていたとしても雨に遭遇します。

体が濡れることは許容できても、財布やスマートフォンなどの電子機器類などが雨で浸水してしまうと、非常に大きなダメージです。

バイク乗りなら誰もが経験する雨との遭遇対策として”防水バッグの普段使い”を強くおすすめします。

雨に見舞われる前提にバッグを選べば、いざという時に、大切な荷物がびちゃびちゃにならずに済むので、バイク乗りなら是非持っておきたいアイテムです。

この記事ではツーリングや通勤などのシーン別のおすすめとは視点を変えて、バイクの車種(カテゴリ)別に、おすすめの防水バッグを紹介していきます。

ちなみに・・・オフロードは車両形状がバイクカテゴリの中でも特殊な形状(例えば細いタンク、シートの形状、アップマフラー採用など)なので、当記事では取り上げておりません。あしからずm(__)m

 


ネイキッド系


出典:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr900/

エンジンむき出し、直訳して裸のバイク。全ての環境においてニュートラルにパフォーマンスを発揮するバイクカテゴリにおける代名詞。ベーシックなスタイルで汎用性が高く、幅広いバイク用バッグの装着に適します。

以下で紹介している防水バッグ以外でも、大半は装着が可能ですが、ここでは特におすすめの防水バッグを紹介していきます。

 

ターポリンツーリングドラムバッグ

たっぷりしまえてしっかり固定できる30Lの防水ドラムバッグ。

DBT511-BK(ブラック) / -KH(カーキ)

バッグ容量が30Lと多くの荷物が収納できるドラム型の防水バッグ。バッグ本体は付属のベルトでバイクと直接固定ができ、しっかりとした固定力が得られます。またバイクに固定した状態でもバッグの開閉が行え、操作性にも優れます。

下画像:YAMAHA XSR700 装着イメージ

バッグにPEボード骨格を3面に封入した独自構造。荷物の型崩れを抑え、装着の安定感を高めています。

 

 

ターポリンシングルサイドバッグ

片持ちで毎日使える。最適な容量のシングルタイプサイドバッグ。
DBT508-BK(ブラック) / -KH(カーキ)

バイクの片側に取り付けられるシングルサイドバッグのベーシックモデル。Gフックを操作するだけで簡単に取り付け、取り外しが行えます。

下画像:YAMAHA XSR700 装着イメージ

容量は一般的なデイパックと同じ14L。通勤、通学などのデイリーユースに活躍します。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう