You are here
Home > Posts tagged "バイクパッキング"

フォトジェニックはもう古い!?背景で”いいね”させるストーリージェニックとは。

昨年の2017年の流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」で一躍有名となった写真共有SNSの”インスタグラム”。 当ブログでも前回取り上げた”自転車を簡単に「インスタ映え」させる○○な方法”のアクセスも好評で、インスタグラムの盛況ぶりが伺えます。 そういった「インスタ映え」する画像を撮影するにあたり「フォトジェニック」というワードが登場しますが、これは「写真映え」という意味で、見栄え良い画像こそが「インスタ映え」させる重要な要素だと言えます。 2288

自転車を簡単に「インスタ映え」させる○○な方法。

もう2018年も明けてしまいましたが、遅ればせながら一年の振り返りに「どんな年だったんだろう?」と2017年のユーキャン流行語大賞を覗いてみました。 個人的には「けものフレンズ」や「うんこ漢字ドリル」などが気になっていたものの、大賞は「忖度」と「インスタ映え」でした。そんな訳で今回は自転車を「インスタ映え」させるHOW TO回です。 2193

バイクパッキングの次に来るのは、バイクフィッシングなんじゃないか!?

自転車にキャンプグッズや食料品を積載し、キャンプをしながら旅するバイクパッキングと呼ばれるスタイル。 本ブログにご興味を持ってくださった皆様には、もうおなじみのワードかも知れません。 今回筆者が注目したのは「旅」ではなく、「釣り」を目的として自転車で移動する人々。そしてスタイル。 車や電車ではなく、あえて自転車で釣り場へと向かう人々は、いったい釣竿などのグッズをどのように運んでいるのか。 その実態を探るべく、筆者は実際の釣り場ではなく、パソコンでネット検索を始める事にしました。(寒いので・・・) 2215

ボトルは2本あったほうがいいに決まってる。バイクパッキング用の画期的なアイテムが登場。

デッドスペースを有効活用、ダブルボトルでしっかり水分補給 ▲KUUBOシリーズ ダブルケージマウント DBC432-BK   コンセプト 日本でもブームの兆しがあるバイクパッキング。 主に積載用のキャリアを増設することなく、普段使っているロードバイクに大型バッグを取り付けてツーリングキャンプに出かけられる魅力は、多くのロード乗りを魅了しています。 しかしバイクパッキング用のフレームバッグは、ロードバイクのフレーム中央に位置する2つのボトルケージ(台座)に干渉してしまいます。 普段使っているロードバイクに手をいれることなく楽しめるはずのバイクパッキングの最大にして唯一の問題とも言えます。 2171

特選 自転車バッグ!用途にあわせて選べるおすすめアイテムをすべての人に!

ロードバイクやクロスバイクってかっこいいし、なにより快適ですよね。 ただ最大にして唯一とも言える問題は、荷物の積載量。 ただこればっかりは、しょうがない・・・なんてあきらめていないでしょうか。   ロードバイクやクロスバイクにぴったりなバッグはたくさんあります。 自転車用のバッグということで専門店や自転車系メディアをチェックしないと目にする機会がないだけで、おすすめのアイテムはたくさんあります。 2091

Top