雨天の中で設営されたバックフリップバイシクルテント

愛車と一緒に寝る。ソロキャンパーのためのミニマルツールームテント発売。

LINEで送る
Pocket

オートキャンプにグランピング、そしてキャンプをテーマにしたアニメのヒットと、世の中は空前のアウトドアブームと言っても過言ではありません。そもそもアウトドアとは、わざわざ苦労を体験しにいくアクティビティ。しかしキャンプ場に到着してから苦労するのも良いですが、キャンプ場に到着するその道程も苦労してみるのはどうでしょうか。

標準的なバイクパッキング用バッグと装着例
標準的なバイクパッキングの装備

 

いまスポーツ用自転車を趣味としている人たちの多くが体験済み、あるいはやってみたいと考えているアクティビティに「バイクパッキング」があります。バイクパッキングとは、テントや寝袋、食料などを大容量のバッグを、いつものスポーツ用自転車に取り付けてキャンプ場まで移動し、アウトドアを楽しむキャンプツーリングをいいます。

オートバイでのツーリングキャンプを楽しむ男性
オートバイでのバイクツーリングキャンプも盛んになってきている。

 

今回、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)からリリースされた、DBT438-DP バックフリップバイシクルテント は、日本ならではの気候や使い勝手を考えたソロキャンプ用のミニマルツールームテントです。スポーツ用自転車で運搬することを前提としているため、製品本体はわずか 1.8kg と軽量であるにも関わらず、自転車をテント内に収容できるほどの広さをもちます。さらに雨がちな日本のキャンプシーズンを考慮したハイスペックで軽量な仕様でありながら、希望小売価格 17,000(税別)というハイコストパフォーマンス。

 

製品外観

バックフリップバイシクルテント

製品名:バックフリップバイシクルテント

製品型番:DBT438-DP

テント種別:ソロテント(トンネル型ミニマルツールームテント)

本体・付属品

バックフリップバイシクルテントの本体と付属品

製品本体(重量1830g):フライシート ✕ 1, インナーテント ✕ 1, 専用ポール ✕ 1

付属品(重量635g):グラウンドシート ✕ 1, Yペグ ✕ 17, ストームロープ ✕ 7 ほか

希望小売価格:17,000円+税

JAN CODE:4589946139860

 

主なスペック

ソロキャンプ向けのテントスペック1

ソロキャンプ向けのテントスペック2

バックフリップバイシクルテントのサイズ

インナーテントの構造 フライシートの構造

 

主な特長

荷物をすべて収納。ソロキャンプのためのとにかく広いトンネル型ソロテント。

テント内でくつろぐソロキャンプの男性
居住性が高くオートキャンプ用に人気のトンネル型テントを、ソロキャンプ用にダウンサイズ。 テントのおよそ半分を占めるほど広い前室(荷室)を備え、すべての荷物を収納できるツールーム仕様。 テントの中で活動できるツールームテントを、わずか一本のポールで簡単設営。 天候を気にせずキャンプが楽しめる、バックフリップバイシクルテント。
荷物をすべて前室(荷室)に収納できるほどの広さ。
ソロキャンプやバイクツーリングでは荷物をテントの中に収納できる、広い前室(荷室)があるテントがおすすめです。
ロードバイクが収まるほどの広さ。
盗難や夜露の心配がある荷物やバッグを広い前室(荷室)の中に収容でき、その広さはロードバイクが一台収まるほどです。
1つのテントで2人が収容できるほどの広さ。
インナーテント不要なキャンプシーズンなら、バックフリップバイシクルテントひとつで、二人が寝泊まりできます。

 

日本のキャンプは雨ばかり。だから雨でも楽しめるダブルウォール&ツールーム。

雨の中、ソロテントのなかでくつろぐ男性
日本のキャンプシーズンは、梅雨・ゲリラ豪雨・台風・秋雨と極端に雨がちで、山の天気は変わりやすく、それゆえキャンプに雨はつきものです。 バックフリップバイシクルテントは、テント内部の結露や風雨の侵入を軽減する「ダブルウォール構造」。 そして、テント内に広い前室(荷室)を持つ「ツールーム構造」。 雨でもテント内で活動ができ、キャンプが楽しめる日本仕様のテントです。(※1)
インナーテントから前室(荷室)にアクセスできて快適。
雨が降った場合にたくさんの荷物をテント内に収容できるだけでなく、前室(荷室)にあるその荷物にインナーテントから直接アクセスできます。(※1)
就寝時にすべての荷物をテント内に収容できる。
キャンプで就寝中に、突然雨が降ることは珍しくなく、すべての荷物をテント内に収容してから就寝できる広さは安心です。(※1)

 

荷物は減らしたい。だから、テントの張り方が選択できるマルチパーパス仕様。

ロードバイク・自転車をポール代わりに設営したテント内のコットでくつろぐバイクパッキングの男性
できる限り荷物を減らしたいソロキャンプツーリング。 バックフリップバイシクルテントは、季節や気分に合わせてテントの張り方が選択できるので、かさばる携行品を最小限に抑えることができます。 また、そこにあるもので道具を作ったり、代用するのもアウトドアの醍醐味と考え、付属のポールを破損や紛失した場合など、自転車を利用してテントを設営する可能性も盛り込みました(※2)。

(ロードバイクで設営)フライシートのみ=900g (インナーなし)フライシート+ポール=1100g フライシート+インナーテント+ポール=1830g

 

フライシートの立ち上げは、簡単4ステップ。ポール1本のトンネル型テント。

フライシートの立ち上げは、簡単4ステップ。ポール1本のトンネル型テント。
フライシートの立ち上げは、オートキャンプ用に人気のトンネル型テントと同様の手順です。わずか4ステップで、フライシートが自立します。 インナーテントは、フライシートが立ちあがってから取り付けるため、設営時や撤収時に雨天であっても、居室であるインナーテントが濡れません。 また、インナーテントを予めフライシートに取り付けておけば、設営・撤収時間を大幅に短縮できます。
ステップ 1 : ポールをフライシートに通す。
ステップ 1 : ポールをフライシートに通す。
ステップ 2 : フライシートの片側2箇所をペグダウン。
ステップ 2 : フライシートの片側2箇所をペグダウン。
ステップ 3 : 反対側にまわり、フライシートを引っ張る。
ステップ 3 : 反対側にまわり、フライシートを引っ張る。
ステップ 4 : 残り2箇所をペグダウンすれば自立。
ステップ 4 : 残り2箇所をペグダウンすれば自立。

 

自転車やオートバイでの移動中にかさばるテントを、細かく分割して収納できる

自転車やオートバイでの移動中にかさばるテントを、細かく分割して収納できる。
限られた積載スペースを最大限活用するツーリング。 バックフリップバイシクルテントは、テントの内容物ごとに専用バッグを付属。 かさばるテントを分割して積載することが可能です。 またすべてを収納するためのキャリーバッグも付属しています。
重量900gで小さくコンプレッションできるフライシート。
重量900gで小さくコンプレッションできるフライシート。
内容物ごとに専用の収納袋を付属。
内容物ごとに専用の収納袋を付属。
ポールはトップチューブに取付可能。
ポールはトップチューブに取付可能。

 

動画

設営イメージ

前室が広いソロテント、ソロキャンプ向けの軽量テント

左)付属のポールで設営したバックフリップバイシクルテント (右)高さ 100cm のロードバイクで設営したバックフリップバイシクルテント
左)付属のポールで設営したバックフリップバイシクルテント (右)高さ 100cm のロードバイクで設営したバックフリップバイシクルテント

ソロキャンプのためのミニマルツールームテント。

メーカーHP

バックフリップバイシクルテント DBT438-DP

商品の詳細は上記メーカーHPをご確認ください。

 

(※1)テントの近くや内部で火気を使用しないでください。テント内部での使用は火災や一酸化炭素中毒などの原因となり大変危険です。テント近くであっても火気の使用により火災がおきる可能性があります。

(※2)当日初めてテントを使用するのではなく、事前に予行演習を行うことをおすすめします。不具合や付属品の不足がないか確認でき、当日の設営もスムースに行うことができます。 また、地面からタイヤの頂点までの高さが100cm以上程度である(あるいは調整する)ことが、ロードバイクで設営する際の目安です。 付属のポールの高さがおよそ110cmのため、これよりも低い場合や設営に熟練していない場合を含め、外観や居住性に少なからず影響があります。 自転車を使っての設営は、付属のポールを使用した場合に比べ不安定になるため、風がある場合や地面に凹凸がある場所での設営は行わないでください。 (製品仕様として自転車で設営できることを保証するものではありません)

家族を説得、奥様納得。ブルックリンスタイルを採用した自転車室内保管”家具”を発売。

予算1~3万円以下。ロードバイクでキャンプに行くバイクパッキングの始め方。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket