フォトジェニックはもう古い!?背景で”いいね”させるストーリージェニックとは。

LINEで送る
Pocket

昨年の2017年の流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」で一躍有名となった写真共有SNSの”インスタグラム”。

当ブログでも前回取り上げた”自転車を簡単に「インスタ映え」させる○○な方法”のアクセスも好評で、インスタグラムの盛況ぶりが伺えます。

そういった「インスタ映え」する画像を撮影するにあたり「フォトジェニック」というワードが登場しますが、これは「写真映え」という意味で、見栄え良い画像こそが「インスタ映え」させる重要な要素だと言えます。

私たちも自社製品のPRの一環でインスタグラムを活用しており「フォトジェニック」を意識した画像を定期的にポストしています。

2個目の投稿では、背景にレンガ塀を用いて、自転車にバイクパッキング用品(自転車にアウトドア用品を積載する自転車用バッグ)を装備させて「旅感」を出してみたりと、演出にもこだわります。

こうした画像に対して「いいね」を多くいただけると、もっと多くの人に認知してもらいたいので「いいね」してもらえる方法を日々模索しているのであります。

 

 


すでに”インスタ映え”は飽和状態?


しかし最近、ただ「映え」の良い写真だけでは「いいね」を獲得しにくくなっている傾向があるようです。

それはインスタグラムユーザーの増加や、投稿されている画像精度のボトムアップ(撮影スキルの上達)が要因とも考えますが、撮影の被写体となるスポットやアイテムに対する希少性がなくなってしまっている事が大きな原因だと言われます。

人気のスポットやアイテムにはどこかしろ情報源があり、それなりの知名度もあるため、同じ情報を受信した人は投稿内容がかぶってしまうことは自然な事。

結果、新規性は希薄化し、さらに他の人も同じ画像を投稿すれば新鮮さはどんどん軽減してしまいます。

 

>>インスタ映えするスポットで撮影しても、思うように反響が得られない事も。。

あふれる情報の中で、見栄えのよい画像要素以外で「いいね」させるには、他の人とは異る情報を発信する必要がありそうです。

 

 


ストーリージェニックで背景に共感させる


では、今後「いいね」を獲得するために、どのような差別化を図ればよいのだろうか。

単純に「フォトジェニック」な画像ではなく、その画像の被写体にストーリーを持たせるという「ストーリージェニック」というワードに着目しました。

参照元:
「インスタ映え」より心に響く「ストーリージェニック」の可能性

人の目を引く観点からは「インスタ映え」する画像であることは必須ですが、その画像に対して閲覧者が”発信したくなるようなストーリー”を付け加えることによって「いいね」を後押しするといった手法。

例えば・・・

引用:Bianch

ビアンキのシグネチャーカラーである緑に近い青色が特徴の「チェレステ」は、ビアンキの創業者が当時のイタリア王妃に自転車を献上したフレーム色を、王妃の目と同じ色にペイントしたことが起源とされます。

ちなみ、この自転車を貰ったイタリア王妃は「マルゲリータ王妃」で、ピザの「マルゲリータ」の名前の由来だそうです。うんちくの上にうんちくが重なってしまいました。。

 

このように、一般の人が知らない情報を印象的な画像に添えて同時に発信することで、だれかに発信したくなる後押しとなります。

とは言っても、テキスト欄に説明をダラダラと連ねてしまうと投稿自体が野暮ったくなるので、ハッシュタグでさりげなく発信することがポイントだそう。

 

 


実際に試してみた


私たちでは製品の開発秘話こそが製品開発でもっともこだわる部分なので、より深く知ってもらいたい情報は開発背景というストーリーなのです。

今までは雰囲気を重視していた内容から、製品に至った開発の秘話をハッシュタグで追記してみたところ、控えめながらプロモーションにも有効的になりました。

 

こちらは近日中に販売予定の女性用のサドルバッグ。こちらも広告っぽさが軽減でき、しっかりと開発の背景を伝えることができます。

 

 


最後に


多くの投稿の中で、おもわず目に留めたくなる「映える」画像である事は非常に大切です。

しかし、その画像にこめられた物語も一緒に共感してもらえれば、画像だけで獲得する「いいね」より有意義なものになると思いますし、インスタグラムの楽しみ方自体も、変わってくるのではないでしょうか。

「フォトジェニック」+「ストーリージェニック」を是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket