You are here
Home > ブログマガジン > その他 > 今宮戎神社の巫女さん、「ゑびす娘」の衣装はモンベル製

今宮戎神社の巫女さん、「ゑびす娘」の衣装はモンベル製

LINEで送る
Pocket

ちょっと面白いニュースがあったのでここで紹介。

Yahoo!ニュースからですが、大阪にある今宮戎神社の巫女さん、「ゑびす娘」の衣装は「mont-bell(モンベル)」さん提供、とのこと。

モンベルさんは大阪本社となりますが、同じ「大阪つながり」で「ゑびす娘」の衣装を数年前から発注することになった、とのこと。

阪神大震災のとき、モンベルさんはテントなどの寄付はじめ、さまざまな援助を行っておられ、同じ大阪の企業として見習う部分も多い会社だと考えています。

寒い時期、機能性を考えてアウトドアブランドが衣装を手がけたのでしょうか? 大阪市に本社があるモンベルの広報担当者に、この衣装について尋ねると「7年ほど前に特注で作りました」と教えてくれました。
モンベルでは「O.D.サムエ」という作務衣のような機能的ウェアや、農業用・林業用の服などもラインナップしていますが、ゑびす娘の衣装は特注品だそうです。
「冒険家向けなどで特注品を作ることはありますが、巫女の衣装は珍しいケースですね」と広報担当者は言います。

この「ゑびす娘」ですが、書類審査や面接を経て採用されるとのことで、どういった審査があるのかも気になるところ。

「えびす祭り」は主に西日本、とくに関西を中心に行われるイベントですが、別名「えべっさん」とも。

毎年1/9~1/11にかけて開催され、七福神のひとりである「えびす様」に商売繁盛を祈願するお祭りで、会社ぐるみで訪問することも多いみたいですね。

LINEで送る
Pocket

JJ
Top