ちょっと必要な時にしっかり守る。ロードバイクやパイクパッキングに最適な手のひらサイズの軽量カラビナロック、ちょいカギ。

LINEで送る
Pocket

ロングライドやトレーニングなど、ロードバイクから離れる機会が少なく、解錠用のキーを持ち歩きたくない人にオススメの「ちょいカギ」。

 

目を離す機会が少ない高価なロードバイク、カギを持たない人も少なくありません。でも不意の事態は必ず発生します。

そんなとき、手のひらに収まるコンパクトサイズで、スピーディーにロックが可能なカラビナロックが活躍します。

ポケットやサドル下、バッグのループなど、さらにコンパクトに携帯できる120cmのコイルワイヤーを採用した「ちょいカギ – ダイヤルコンボカラビナコイルロック DKL424-DP」。

 

地面に固定された構造物に自転車を固定する地球ロックはもちろん、フレームとサドル、前後ホイールまでカバーする180cmの長さをもつ「ちょいカギ – ダイヤルコンボカラビナループロック DKL425-DP」。

 

 

ロードバイクを用いたアクティビティとして近年注目されている「バイクパッキング」。

 

 

テントや食料などを大型バッグに収納し、ベルクロなどを用いてフレームに簡単に固定するだけで、バイクツーリング(自転車キャンプ)に出かけることができるバイクパッキング。
普段ロングライドやトレーニングに用いているロードバイクに、荷物積載用のキャリアを取り付ける必要がないことが魅力の1つです。
「ちょいカギ」は、バイクパッキング中に立ち寄ったコンビニやキャンプ場で、ロードバイクのみならず、高価なバイクパッキング用バッグも盗難から守ります。

 

自転車を用いたキャンプツーリングでは、いかに携行品を少なくコンパクトに抑えるかが悩ましいもの。
100gを切る軽量性と手のひらサイズのコンパクトさ、カラビナ形状による携帯性の3つを併せ持つ「ちょいカギ」は、キャンプツーリングにおいても最適です。

 

さらに、180cmのストレートワイヤーを採用した「ちょいカギ – ダイヤルコンボカラビナループロック DKL425-DP」なら、キャンプ場で洗濯物などを干すロープがわりにも活用できます。

 


手のひらサイズの小さなカラビナに、持ち運び便利な120cm長のコイル型 or 広い施錠範囲を確保する180cm長のループ型ケーブルをドッキング。
車体のみならず、盗難の多い大事なパーツまでしっかりロックすることでパーツ盗難の危険を軽減。
ロック/アンロックには、パスワード自由設定型の「3桁ダイヤル」を採用。
コンパクトなカラビナ形状の本体は、バッグやベルトループに引っ掛けて持ち運びができ、乗車時にロックの装着場所に困ることがありません。

 

「ちょいカギ」は日常的な携行・施錠にも使え、バイクパッキングでも活躍する「ちょっと必要な時にしっかり守る」、手のひらサイズの軽量カラビナロックです。

※ちなみにこちらのカギを持っているのは当社の男性社員です。基本的に当社製品のモデルはすべて社員が担っています。

 

 

製品ページ http://www.doppelganger.jp/option/dkl424_425/

発売予定:2017年10月末

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket