ついに来た!フォールディングキャリーワゴントレーラー、来秋登場!!

LINEで送る
Pocket

自転車用のトレーラー、サイクルトレーラーは少しとっつきにくい面があるんじゃないか。

アウトドアやデイキャンプなどに気軽にフォールディングキャリーワゴンを使用している人に手に取ってもらうにはどうしたらよいか。

 

ポイントは、フォールディングキャリーワゴンのように日頃から気軽に使えること、そこが一番重要じゃないかと考え、

これまでにない全く新しい自転車トレーラー(サイクルトレーラー)を企画しました。

▼一般的なフォールディングキャリーワゴン(DOD)。

 

たどり着いた答えは、自転車がなくても単体で使えるママも納得のアウトドア仕様。

パパが自転車で牽引しても実用的でかっこいい、ママが手で押している時にはかわいい。

そんなビジュアルと設計をゼロから取り組んだのが、下記画像の開発中製品「フォールディングキャリーワゴントレーラー」です。(2018年秋リリース予定)

 

▼フォールディングキャリーワゴン”トレーラー”(2018年秋リリース予定)

 

しっかりと荷物を載せることができる大容量。

通常のキャリーワゴンと異なり自転車用の小径ホイールを採用することでスムースな移動が可能となっています。

3輪仕様で重心を考慮しており、容易にフロントアップで段差を超えていくことができます。

加えて取手が手元にある押し車タイプなので、視線を前にしたまましっかりと移動できます。

乳幼児用のバギーを参考に取手の高さを決定しました。

 

手で押して使用する時には、本体下部前方に小型のホイールを装着します。

 

自転車で走行して使用する時には、ホイールを専用のアームに取り替えます。

 

従来のサイクルトレーラー同様、シティサイクルからスポーツバイク、ミニベロまで対応しています。

 

アウトドア用の荷物がしっかり入るように、でも車幅が広くならないように最適化しました。

 

使用しない時には小さく折りたたむことができます。

ホイールも当然脱着出来ますし、取っ手も外れます。

すべてクイックリリース仕様となっているので、工具不要で組み立て可能です。

 

発売は来年2018年の秋を予定しています。お楽しみに。

参考)週末は近くの公園でBBQ?それならサイクルトレーラーでしょ!! http://blog.doppelganger.jp/?p=614

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket