You are here
Home > ブログマガジン > 輪行・室内保管情報 > 購入前に知っておきたい、輪行袋の種類と特徴

購入前に知っておきたい、輪行袋の種類と特徴

LINEで送る
Pocket

公共交通機関を使って自転車を運ぶ行為を輪行(りんこう)と呼びます。

普段耳にしないワードなので、自転車を趣味で始められたばかりの方々にとっては、耳馴染みのない言葉かも知れませんね。

もっともメジャーな輪行手段といえば、、、電車です。

例えば東大阪在住の私が、奈良の大仏さんを見たいなぁと思えば、自転車で行くことも可能です。

では「しまなみ街道サイクリングコース」に行きたいなぁと思った時、今治駅や尾道駅まで電車で移動するのが一般的かと思います。

この移動がまさに輪行です。

電車での移動が最もメジャーですが、実は飛行機や船を使って自転車を運ぶ行為もまた、輪行と呼びます。

飛行機での輪行は、特に「飛行機輪行」と呼んだりもして、

離島で開催される自転車競技に参加したり、異国の地で自転車旅される方が利用されます。

 

そんな輪行で必ず必要になる物とはなんでしょうか?

それは自転車を収納するための専用袋、「輪行袋」です。

以前のブログでもご紹介させてもらいましたね。(さあ!そろそろ輪行始めませんか?!

DCB334-BK 伸びる輪行キャリングバッグ

 

なぜなら、輪行する際は、自転車をある程度バラした状態、もしくは折りたたんだ状態で専用袋に収納しなければならない

決まりごとがあるからです。 その専用袋こそが「輪行袋」なのです。

他にも収納サイズや収納方法についての細かなルールがありますが、また別の機会に。

 

ただし、そんな輪行にも例外があります。

それはサイクルトレイン、サイクルバスと呼ばれる電車やバスです。

 

これら公共交通機関では、自転車をそのままの状態で、包み隠さずに乗せることが許されています。

輪行袋も必要ありません。

もしお近くに該当するものがあればラッキーですね。筆者はまだ利用したことがありません。

FRAMEさんの記事が色々と載っていて、勉強になりました。

 

話は輪行袋に戻ります。

輪行袋についてネットで検索すると、縦型や横型があるという記載をよく目にしますが、

ここでは違った切り口で、更にシンプルに輪行袋をカテゴライズしたいと思います。

 

その前にひとつ質問です。

Q) 下記2種類の輪行袋に大きな違いがあります、さてそれは何でしょう。

※生地やサイズ、中に入っている自転車が違いますが、そこではないです。

DCB368-BK, DCB344-BK

答えは、、、

輪行袋A・・・自転車をバッグで支えている

輪行袋B・・・自転車をベルトで吊って支えている

この点が大きく違います。

 


バッグで支えるタイプとは?


小径車用の輪行袋として最もメジャーなタイプで、スーツケースサイズ大(それ以上)の巨大バッグの中に、

分解または折りたたんだ状態の自転車を入れ、肩から下げて運ぶスタイルです。

簡単に言えば、まさにバッグの中に自転車をドーンと入れているだけです。

メッシュ輪行キャリングバッグ

長所: バッグを開き、自転車を入れるだけなので、使い方がとてもシンプル

短所: 自転車の重みをバッグで支えるため、使用する生地には強度が必要で、バッグが重くかさばってしまう。

これらバッグは用途が広く、輪行用だけでなく自転車の室内・車内保管用の大型バッグとして利用されたり、

アウトドアグッズ用バッグとして使用されているようです。なんといっても超大型バッグですから。

 

ドッペルギャンガー メッシュ輪行キャリングバッグ

重量: 約1.05kg

サイズ: 250 x 140 x 140mm(収納時)、900 x 690 x 220mm(展開時)

出典:Amazon

 

キャプテンスタッグ フォールディングバイク用キャリーバッグ

重量:約 940g

サイズ(約): 820 × 380 x 550mm

出典:Amazon

 

 


ベルトで吊るタイプとは?


スポーツバイクなどの大径車には、このタイプが最も多く普及していますが、小径車用の輪行袋では、

まだそれほど浸透していません。

下記画像の左列ように、自転車をまずベルトで吊り、吊られた状態の自転車にカバーを被せるタイプの輪行袋で、

見た目はバッグのようですが、バッグで支えるタイプとは自転車の状態が異なります。

カバー部分をはずしても、自転車がぶら下がった状態で持ち運びができます。

伸びる輪行キャリングバッグ

長所:折りたたんだサイズが軽量でコンパクト。自転車の重量はベルトが支えるので、生地には薄いものが使えるため。

短所:軽量コンパクト化されている反面、生地がややデリケート。扱いには注意が必要。

 

 

ドッペルギャンガー コンパクト輪行キャリングバッグ (折りたたみ小径車用) DCB

重量: 約 340 g

サイズ: (収納時):W80 × L210 × D80 mm (開封時):W950 × L970 × D160 mm

出典:Amazon

 

オーストリッチ 輪行袋 L-100

重量:約235g

サイズ:高さ1100mm x 幅950mm x 奥行250mm

出典:Amazon

 


輪行バッグと一緒に欲しいグッズ


■エンド金具

輪行袋に入った自転車(ホイールを外した状態)の弱点といえば、、、

・フロントフォーク(前輪を固定している部分)

・リアディレーラー(後ろのギアを変えるパーツ) が代表的です。

 

ホイールをはずした状態の自転車では、上記の部品が露出してしまいます。

露出した状態で、輪行袋に自転車を入れてしまうと、どうなるでしょう?

持ち上げたり、下ろしたり、傾けたり、揺らしたりする中で、

どうしても露出部品に負担が掛かってしまい、変形・破損したりする可能性があります。

そうならないように、各部品を守ってくれるのが「エンド金具」です。

 

OSTRICH エンド金具 [リア用]

 

出典:Amazon

 

OSTRICH エンド金具 [フロント用]

出典:Amazon

 

■プロテクター

自転車のギア部分やチェーン部分は、輪行袋や自転車フレームにとって傷や汚れの原因。

これら部品を初めからカバーしておけば、自転車が傷つかないよね。というのがプロテクターです

 

ドッペルギャンガー 輪行プロテクターセット

出典:Amazon

 

OSTRICH  フリーカバー

 出典:Amazon

 

まだまだ秋まっさかり。

楽しい輪行旅をどうぞお楽しみ下さい。

LINEで送る
Pocket

ピンキィ
ピンキィ
2017年春バイクパッキングカルチャーに触れ、少しずつはまり始めた新米バイクパッカー。マウンテンバイク派だったが、最近ロードバイクに乗り換え、仕事中も自転車に乗りたくてウズウズしている。ヒルにはめっぽう弱い。
Top