You are here
Home > ブログマガジン > バイクパッキング・バイクツーリング情報

バイクパッキングの次に来るのは、バイクフィッシングなんじゃないか!?

自転車にキャンプグッズや食料品を積載し、キャンプをしながら旅するバイクパッキングと呼ばれるスタイル。 本ブログにご興味を持ってくださった皆様には、もうおなじみのワードかも知れません。 今回筆者が注目したのは「旅」ではなく、「釣り」を目的として自転車で移動する人々。そしてスタイル。 車や電車ではなく、あえて自転車で釣り場へと向かう人々は、いったい釣竿などのグッズをどのように運んでいるのか。 その実態を探るべく、筆者は実際の釣り場ではなく、パソコンでネット検索を始める事にしました。(寒いので・・・) 2215

自転車で荷物を運ぶための最強スタイル 「トレーラー」。サイクルトレーラーの基礎のキソ。

DCR363-DP シングルホイールサイクルトレーラー

近年ますます注目の高まるバイクパッキング。 自転車の各部に軽量バッグを取り付けることで、旅に必要な荷物を運ぶことができる、画期的な自転車旅スタイルですが、 「旅」&「荷物の運搬」という共通の目的を持ち、運搬力の部分ではバイクパッキングスタイルをはるかに凌ぐ活躍が期待できる、 最強の旅スタイルが実は存在しています。 1623

バイクパッキング 3つのオススメ書籍

最近何かと話題のバイクパッキング。雑誌やメディアでも徐々に特集を取り上げられたりとバイクパッキングの認知も徐々に向上しています。そこで今回は筆者のお気に入りおすすめ本を紹介したいと思います。バイクパッキングに敏感な方はすでに購読されているかもしれませんが、最近発行されたものもありますのでもれなくチェックしましょう!全体的に初心者、バイクパッカー関係なく楽しめる内容だと思います。筆者も購読中何回も自分の装備を見直し、メジャーやスケールを利用しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。 1244

ノドから手が出るほど欲しい、バイクパッキング3種の神器

バイクパッキング

バイクパッキングカルチャーに触れ、自転車旅の中で味わう感動を経験した筆者。 非日常の旅には、暑さや疲労感といった苦しみを吹き飛ばす、満足感と充実感があり、それが人を新たな旅へと駆り立てる要素なんではないかと、 感じています。ただ私を旅に駆り立てる要素は、決してそれだけではありません。 物欲の強い筆者を次の旅へと駆り立てるもの、それは新しいバイクパッキング関連アイテムを手に入れ、それを使いたいという煩悩なのです。 1462

小径車で気楽に遊ぶ。ミニベロはバイクパッキング向き?!

タイヤの小ささを活かした漕ぎ出しの軽さと取り回ししやすいコンパクトな車体。ミニベロは車でいえば市街地を得意とする軽自動車に例えられます。そしてミニベロの多くは折りたたむ事もできるので、電車で輪行するにしても大径車よりコンパクトに持ち運び出来るメリットもあります。しかし、ホイールサイズ700cを履くロードバイクと比べれば長距離は苦手ですしスピードも出ません。 そこで浮かぶ素朴な疑問。 「小径車=ミニべロはバイクパッキングに向いているのか?」 1171

Top