You are here
Home > Author: rice

自転車を簡単に「インスタ映え」させる○○な方法。

もう2018年も明けてしまいましたが、遅ればせながら一年の振り返りに「どんな年だったんだろう?」と2017年のユーキャン流行語大賞を覗いてみました。 個人的には「けものフレンズ」や「うんこ漢字ドリル」などが気になっていたものの、大賞は「忖度」と「インスタ映え」でした。そんな訳で今回は自転車を「インスタ映え」させるHOW TO回です。 2193

素敵ワインディングを探して。2+4で行く「6ホイール」のススメ!!

行楽シーズンになると遠出したくなるサイクリストの性。 白樺の立ち並ぶ高原の澄んだ空気や、潮騒をバックに走る海岸沿いの景色を思うだけでワクワクして、まだ走ったことのない道を探すのも楽しい時間です。 ところが、まだ走ったことのないワクワクする道というのが、もう近場にはないという人も多いのではないでしょうか。または自走だと日帰りができない程度に遠い道かもしれません。 そんな時にオススメしたいのが「自転車+クルマ」で行く車載スタイルです。自転車とクルマのタイヤの数を足して「6ホイール」とも呼ばれます。 1615

「いつかは」じゃない、今からできる室内保管のススメ!!

自転車好きにとって実に悩ましい問題。走る時間?メンテナンス?迫り来る物欲?そういった事もかなり問題ではありますが、もっと身近で日々悩ましい事があります。 それは「保管」です。 自転車はそもそも10kg前後はある金属の塊。 雨多く寒暖差もある日本の気候で屋外に出しっぱなしにしていれば、雨に濡れなくとも自転車がイタむのは当たり前ですよね。 チェーンのサビはいうに及ばず、紫外線による劣化や盗難も常に気にしなければならず、奮発していい自転車を買ったばかりにストレスを抱える事にもなりかねません。 1414

小径車で気楽に遊ぶ。ミニベロはバイクパッキング向き?!

タイヤの小ささを活かした漕ぎ出しの軽さと取り回ししやすいコンパクトな車体。ミニベロは車でいえば市街地を得意とする軽自動車に例えられます。そしてミニベロの多くは折りたたむ事もできるので、電車で輪行するにしても大径車よりコンパクトに持ち運び出来るメリットもあります。しかし、ホイールサイズ700cを履くロードバイクと比べれば長距離は苦手ですしスピードも出ません。 そこで浮かぶ素朴な疑問。 「小径車=ミニべロはバイクパッキングに向いているのか?」 1171

自転車カバーは何のため?! 4つのケース別おすすめサイクルカバー

ロードバイクからママチャリに至るまで、自転車の保管については誰もが一度は悩んだことあるんじゃないでしょうか? 買ったばかりのピカピカの自転車。最初は嬉しくてマメに磨いたり注油したりするものの、ココは日本。 幸いにして屋内保管できるならいいのですが、住宅事情で屋外保管しかできないとなるとどうしてもピカピカが失われてきます。 ハンドル周りのサビなんて目にしてしまったら「アバタもエクボ」の逆パターン。余計にメンテナンスの気持ちもしぼむもの。 787

Top