You are here
Home > Author: red

駅前で撤去された自転車はどこへ行くのか

駅前などで撤去された放置自転車はどこへ行くのか、ふと気になり調べてみました。   まえおき 一般財団法人自転車産業振興協会の発表資料(参考・参照元)によると、2016年1年間の日本国内向け自転車数量(※)は778万台。 ※生産数量と輸入数量を合算したもの 2011年には1000万台を超えていた数量が5年連続で減少トレンドとなっています。 2195

ボトルは2本あったほうがいいに決まってる。バイクパッキング用の画期的なアイテムが登場。

デッドスペースを有効活用、ダブルボトルでしっかり水分補給 ▲KUUBOシリーズ ダブルケージマウント DBC432-BK   コンセプト 日本でもブームの兆しがあるバイクパッキング。 主に積載用のキャリアを増設することなく、普段使っているロードバイクに大型バッグを取り付けてツーリングキャンプに出かけられる魅力は、多くのロード乗りを魅了しています。 しかしバイクパッキング用のフレームバッグは、ロードバイクのフレーム中央に位置する2つのボトルケージ(台座)に干渉してしまいます。 普段使っているロードバイクに手をいれることなく楽しめるはずのバイクパッキングの最大にして唯一の問題とも言えます。 2171

自転車でピザを買いに行くならコレ!変幻自在の次世代自転車リアキャリア爆誕!?

変幻自在!サイドフレームが上・下・左右に180°展開し、用途に合わせて様々な使い方ができるリアキャリア。   コンセプト バリアングル(vari-angle)とはバリアブルアングルの略で、「角度が可変する」という意味を持ちます。 バリアングルリアキャリア(DLC439-BK)の最大の特徴は、この角度が可変するサイドフレームにあります。クルマのシートレイアウトによる積載方法の多様性から着想を得て、これまでは不可能であった「用途に合わせた積載スタイル」を自転車のリアキャリアにて実現しました。 多くのリアキャリアは、自転車フレームそのものに備わっているネジ止め用のダボ穴を使用してキャリアを固定します。しかしこの方法では、ダボ穴がない自転車の場合使用することができません。バリアングルリアキャリアはシートポストおよび2本のシートステイを用いて固定するためダボ穴を必要とせず、より多くの車種に対応しています。 2148

自転車で運びたいがとまらない!自分オリジナルのサイクルトレーラー

自転車で運びたいがとまらない!十人十色の楽しみ方! 脱着簡単な軽量アルミフレームとウッドデッキを採用したウッディサイクルトレーラー。 特徴 オープンウッドデッキなので、汚れても拭き取り簡単。 アウトドア用品、少年野球、サッカーの道具、灯油、薪、DIY用品、釣具、農機具、園芸用品等の運搬に。 プラスチックコンテナ、RVボックスの積載も簡単なので、ウエットスーツや釣具の運搬も可能。鍵付き収納ボックスを固定することでトランクとしても機能します。 低重心設計なので、ミネラルウォーターの様な重たい物も安全に運搬できます。 2120

Top